嘉納治五郎生誕150周年記念事業

以下の事業は、募集を終了させていただきました。
多くの皆さまにご支援いただき、誠にありがとうございました。
引き続き筑波大学基金(TSUKUBA FUTURESHIP)へのご理解と力強いご支援を賜りますよう今後ともよろしくお願いします。

筑波大学嘉納治五郎生誕150年記念事業へのご協力に対するお礼

嘉納治五郎先生は、高等師範学校ならびに東京高等師範学校の校長として、1893年から1920年までの間、3期にわたり23年余り在職され、わが国における教育や体育の分野で様々な功績を残されました。平成22年(2010年)は嘉納先生の生誕150周年に当たりますが、筑波大学では、その偉業を称え今日の時代に適した形で先生の功績や理念を継承するとともに、筑波大学としての一体感を醸成し本学をより一層発展させるため、講演会、国際シンポジウム、記念出版(2011年3月予定)、事業への募金活動、先生の像建立など様々な記念事業を行って参りました。去る12月10日には、約200の教職員、学生などが参加して、文化勲章受賞者である朝倉文夫氏制作の嘉納治五郎先生像の除幕式が盛大に行われました。

本記念事業に対する募金は平成22年12月31日で終了し、その後の募金は筑波大学基金(TSUKUBA FUTURESHIP)に引き継がれることになります。また、本記念事業は記念出版(「気概と行動の教育者 嘉納治五郎」)をもって平成23年3月31日に終了となります。これまでにご協力いただきました多くの方々に心より厚く御礼申し上げるとともに、今後も筑波大学へのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

PAGE TOP