五十嵐 徹 様 【一誠商事株式会社 代表取締役社長】

2016.06.29

プロフィール
名前:五十嵐 徹(いがらし とおる)
一誠商事株式会社代表取締役社長
1975(昭和50)年5月 茨城県土浦市生まれ
1994(平成6)年3月 茨城県立土浦第一高等学校卒業
1999(平成11)年3月 法政大学経済学部卒業
2003(平成 15)年10月 一誠商事株式会社入社
2011(平成23)年4月 同社代表取締役社長就任

以下、◆五十嵐徹様、○筑波大学

○先日6月3日に筑波大学附属病院けやきプラザにおいて、「一誠商事&筑波大学附属病院 キッズハウスプロジェクト」キックオフセレモニーを開催しました。本プロジェクトは遠方から来院する陽子線治療の必要な小児がん患者とご家族に対して病院近隣のアパートを低価格で提供し、小児がんと闘う子供たちを応援する事業です。一誠商事様におかれましては、本プロジェクトにパートナーとして参画いただき、惜しみないご協力を継続していただくことになりました。改めて厚く御礼を申し上げます。さてまずは本プロジェクトに参画するきっかけからお聞かせください。

◆3月3日に出席させていただいた「永田学長を囲む会」です。その席で松村病院長と櫻井副病院長からお話がありました。「現在国内には11箇所の陽子線治療施設があるが、大部分は小児科が併設されていない。小児がん陽子線治療には多職種の連携が必要で、小児科、小児外科、脳神経外科、看護師など医療体制が整っている筑波大学附属病院での治療を多くの患者さんが求めている。更に平成28年度の診療改定に伴いこの4月から小児がん陽子線治療は保険診療となりより一層の来院が見込まれるため、患者さんの受入体制と院内の環境整備を推進する必要がある。受入体制整備の一つとして患者さんやご家族に滞在施設を安価に提供したいと考えているのだが、一誠商事さん、ご協力いただけませんか。」というようなお話でした。

○なるほど、そうでしたか。確かに筑波大学附属病院は小児陽子線治療のパイオニアとして1983年より小児がん陽子線治療をスタートさせており、これまでに273人の患者さんを治療してきました。保険診療となった今年度は100名以上の受入れが見込まれています。ところで大学病院側の申出をお受けいただいた理由は何でしょうか。

◆実は私も子供が2人います。8歳と5歳の子供です。子供が体調を崩したり、熱を出して苦しんでいる姿を見ると、やはり親として心配になります。ましてや小児がんのお子様をお持ちの親御さんの心痛といったら計り知れないと思います。小児陽子線治療とお聞きして、親御さんはちょうど私と同じくらいの年齢層の方々で、まだ経済的にもそれほど余裕がない方も多いでしょう。そのような方々の一助となれたらというのが、正直な気持ちでした。
しかしこれはあくまでも私の個人的な見解であり、一誠商事としてやるかどうかはまた別の観点から判断しなければなりません。その拠り所となったのが当社の企業理念です。「一誠商事は不動産業を通じ、世のため、人のために貢献できる企業であることを目標として精進する」。まさに本件は当社の理念にもマッチするプロジェクトだったわけです。

○早速現在患者さんのご家族がご利用されています。病院までも徒歩数分の便利な立地で大変喜ばれているようです。

◆全国からいらっしゃる患者さんや筑波大学附属病院に貢献できるのは本当に嬉しいことです。

○一誠商事様からは一昨年の「開学40+101周年記念募金」に際しても多額のご寄附をいただきました。

◆当社のオーナー様から預かっている管理物件には多くの筑波大学の学生さんにもご入居いただいております。生活の基盤である住宅の提供により学生さんにも喜んでいただき、貸主であるオーナーさんにも喜んでいただく。それがまさしく一誠商事の存在意義だと思っております。筑波大学基金は学生への経済支援や課外活動支援、海外留学支援などに使われていると伺っておりますので、些少ではございますが学生さんや筑波大学様の一助になればと思いご寄附させていただきました。

○お陰さまで「開学40+101周年記念募金」は目標の15000万円を上回る19137万円の御寄付を皆様から頂戴しました。本募金は開学40+101年記念事業として学生の海外留学支援を5か年計画で実施し、グローバル人材の育成を推進する目的で実施しました。また記念募金ではない通常の筑波大学基金として頂戴したものは、つくばスカラシップとしての学生支援、学園祭や宿舎祭等の課外活動支援などに使用させていただいております。ところで一誠商事様は私たち筑波大学のみならず地域スポーツや地域イベントなどにもご支援されているそうですね。

◆地域スポーツチームでいえば、つくばFCレディース(サッカー)、つくばロボッツ(バスケットボール)、つくばユナイテッドサンガイア(バレーボール)へユニホームスポンサーや選手雇用支援という形でご協力させていただいております。地域イベントに関しましても、まつりつくばをはじめ可能な範囲でご協力させていただいております。当社はつくば市や土浦市など茨城県南に10店舗を構え地域の皆様と一緒に発展してきた地域密着型の会社ですので、今後も皆様と一緒に地域を盛り上げていきたいと思っております。

PAGE TOP