• お問い合わせ
    よくある質問
  • English
  • 寄附をする
  • EN
  • 開く

遺言によるご寄附(遺贈)

筑波大学では、資産の遺贈をお考えの方のために、三井住友銀行と提携しております。
遺言による大学へのご寄附については、原則として相続税の対象となりません。

遺言によるご寄附(遺贈)の流れ

1. 事前のご相談

筑波大学への遺贈に関するご相談を承ります。ご希望の場合、提携銀行(三井住友銀行)をご紹介いたします。
※直接提携銀行にご相談いただくことも可能です。

相談窓口 筑波大学事業開発推進室

提携銀行 三井住友銀行 プライベート・アドバイザリー部 遺言信託業務室
電話:0120-338-518
URL: http://www.smbc.co.jp/kojin/yuigon/


2. 提携銀行への遺言に関するご相談

提携銀行が遺言に関するご相談を承ります。また、ご要望に応じて遺言書の文案作成をお手伝いいたします。


3. 公正証書遺言の作成

文案をもとに、公証人が公正証書遺言を作成します。
※提携銀行を通じて遺言書を作成いただくにあたっては、諸手数料がかかります。くわしくは、提携銀行にお問い合わせいただくか、提携銀行のウェブサイトをご覧ください。


4. 遺言書の保管

提携銀行が遺言書の保管を行います。また、遺言の内容や財産・推定相続人の異動等について、定期的にお伺いします。


5. 遺言の執行

遺言者がご逝去された場合、相続人の方から提携銀行に通知いただきます。
提携銀行は遺言書の開示を行い、遺言執行者に就職したのち、相続財産目録の作成や遺言者のご遺志に従った遺産分配および筑波大学基金への寄附等の手続きを行います。
※相続人の方から筑波大学基金へのご寄附も受け付けております。