寄附をする

ひたち野

店舗紹介
ひたち野
住所:〒300-4211 茨城県つくば市臼井2103-5 筑波山風返峠
営業時間:10:30~20:30
定休日:オンシーズン無休
お問い合わせ先:029-866-1221
ホームページ:https://www.hitachino.com/

◆特典情報◆ お食事のお客様、食後にコーヒー(紅茶)とフルーツをサービス

今回は、筑波山中腹にある「ひたち野」をご紹介いたします。筑波山の山頂に向かうロープウェイ乗り場の近く、風返峠に合掌造りの建物があるのがひたち野です。多くのテレビ番組や雑誌で紹介されています。(ちょうど記者がテレビで紹介しているのを見ました♪)ふとテレビを付けると紹介されている話題のお店です。

鬼沢社長から店名の由来をお伺いすると、「ひたち野は創業者である父が「武蔵野」に対して名付けしたものでここに店を構えて、今年8月で45年になります。」とお答えいただきました。
お店のこだわりは
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:
*岐阜白川郷の合掌造りの建物を移築
*筑波山麓のコシヒカリ
*茨城県産ブランド牛「常陸牛」や茨城県産の野菜を中心に使用
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:
1960年代にダム建設を行う際に、築約200年の奥飛騨白川郷合掌造りが撤去対象になっていました。ひたち野の合掌造りはその撤去対象が一部含まれる、全3棟をこのつくばに移築し、レストランとして開業しました。風情のある外観と欅の柱、鴨居や松の梁など落ち着いた館内の非日常癒し空間でくつろぐことができます。
また水は岩清水を使用しています。筑波山の水は、自然に降り注いだ雨や雪が森や地下に蓄えられ、ミネラルを含んで湧き出てきたものです。
古くは百人一首にも歌われた「男女川」の源流など、山のあちこちには御神水や、銘水がこんこんと湧き出ています。
ひたち野の料理は、この名水が育んだ地元の野菜、米を使用するだけでなく、料理にも使用。ふくよかで奥行きのある味わいを生み出しています。
お店の人気商品
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:
*常陸牛の炭火焼き
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

茨城と言えば茨城県産ブランド牛の「常陸牛」です。その常陸牛の炭火焼きが人気です。囲炉裏を使ってステーキ用のお肉を焼くこともあり、雰囲気+おいしいお肉で極上の気分になります。いまにもお肉の焼ける音が聞こえてきそうです。
カード利用者に向けて鬼沢社長様から一言頂きました。
「ここから見る筑波山は2つの峰がそそり立っていて、日ごろ下から見るなだらかなや山裾がある筑波山とはまた違う姿を見せてくれます。見上げても、見下ろしても素晴らしいそんな景色が広がります。景色とおいしいお肉を味わってください。」といただきました。

ランチタイムをお得に食べたいという人は「お得なWEB限定」があります。お得なWEB限定プランは予約が必要となります。詳しくはホームページをご確認ください。
【ひたち野WEB限定プラン】http://www.hitachino.com/menu/plan

また店内で食べる他、日没までの時間帯は、屋外でバーベキューを楽しめます。バーベキューのお肉は茨城県産ブランド牛『常陸牛』と茨城県産ブランド豚『ローズポーク』を使用しています。蓋つきのBBQグリルを使用し、直火と遠赤外線の上手な火加減と蒸し焼きオーブン機能でさらにおいしいお肉となり、口の中で広がります。

贅沢な景色を見ながら、おいしい料理、そして優雅な時間を「ひたち野」で過ごしてみてはいかがでしょうか。ぜひ足を運んでみてくださいね。

更新日時:2018/7/10