社会・国際学群社会学類 女子学生

2011.08.31

私の出身地である千葉県旭市は、今回の東日本大震災で大きな被害を受けました。海岸沿いではほとんどの建物が流され、海岸に面していないところでも家屋の損壊が激しく、変わり果てた地元の姿にひどく驚きました。
今回の義援金を受けて、自分の生まれ育った実家をまた元通りに戻すための手助けとなり、本当に感謝しています。震災後、義援金の対応は迅速で、手厚く、被災した私たち家族は深くありがたみを感じています。大学にこのような義援金制度があるということは、学生を支援する目的が強いためであって、学生そしてその家族にとって、復興へのカとなり、励みになる、素晴らしいものだと思います。
私の夢は様々な悩みを抱えた人達を助ける法律家になることです。悩みを持った人達の気持を共感し、その人達のカになり、問題を解決することができる理解カや、行動力をこの大学生活で身につけたいです。そして自分なりの正義を追求し続けられる広い視野を身につけ、地元や、お世話になった大学へ恩返しができるよう、ボランティア活動も行っていきたいと思います。

PAGE TOP