中山久広さん

2012.08.24

The 34th International symposium on Combustion”は燃焼研究分野で最も権威ある学会であり、各国より多くの研究者が集うので、優れた研究成果を発表する絶好の場とされています。
 この学会において、爆轟波の推進装置利用に関する基礎研究を発表させていただきましたが、推進装置の最新技術に精通した研究者・技術者から高い関心を得られたものと思っております。
 特に、米国海軍研究所の Brian Taylor 博士、同ISSI社の Andy Naples 氏、オランダTNOの Jimmy Verreault 博士とは、爆轟波の推進装置利用について積極的に議論する機会を持つことができ、さらに、今後も継続して議論を行うことが出来る関係を築くことができました。
 今後、彼らと積極的に議論を重ね、その情報を研究に逐次反映させながら本研究を一層発展させて、優れた研究成果を生み出すことに繋げたいと思っております。
 なお、本学会の参加に際し、ご支援頂いたKLab株式会社様に、深く感謝申し上げます。

PAGE TOP