世界を変えよう基金
Make a Difference in the World Fund

「世界を変えよう基金」のご案内

新着情報

基金の沿革

筑波大学「世界を変えよう基金」は、本学の客員教授を務める鈴木英明氏の提唱により2015年12月に創設され、大学内外の社会的・文化的ニーズに貢献する活動を行う筑波大学の学生を支援することを主な目的として活動しています。

基金の各種支援プログラム

社会・文化貢献事業支援
1)趣旨 途上国または国内における社会・文化貢献事業実施にあたり、奨学金を支給します。
2)対象 2名以上の筑波大学学生から構成される学生グループ
3)支給額 1事業に対し、上限を30万円とする。
4)申請方法 ・随時募集
・応募に関心のある学生は、応募様式(社会・文化貢献事業支援申請書)を確認の上、鈴木英明客員教授(suzuki.hideaki.ga#@#u.tsukuba.ac.jp[#@#を@に置き換えてください])まで、メールで直接問い合わせてください。
社会・文化貢献事業支援申請書(Wordファイル)
途上国ボランティア活動支援
1)趣旨 途上国の貧困削減、環境保全等「持続的開発」に直接貢献する途上国現地(学生本人の母国を除く)でのボランティア活動(例:途上国貧困集落における井戸掘り、無料医療クリニックでの労働奉仕)に参加する際の航空運賃の半額を奨学金として支給します。
2)対象 筑波大学学生
3)支給額 上限を5万円とする。
4)申請方法 ・随時募集
・応募に関心のある学生は、応募様式(途上国ボランティア活動支援申請書)を確認の上、鈴木英明客員教授(suzuki.hideaki.ga#@#u.tsukuba.ac.jp[#@#を@に置き換えてください])まで、メールで直接問い合わせてください。
途上国ボランティア活動支援申請書(Wordファイル)

基金の支援実績

2017年度

社会ビジネス事業支援

「つくばリサイタルシリーズ」(代表:加藤結穂)


コミュニケーションライブラリー「Book and」(代表:渡辺雄太)


途上国ボランティア参加支援

カンボジアの無料クリニックにおける活動(河原崎彩佳)

報告書

カンボジアの無料クリニックにおける活動(今泉有湖)

報告書

タイの貧困家庭の児童に向けた教育機関における活動(川原瞳)

報告書
2016年度

社会ビジネス事業支援

「リクルートつくば」(代表:⼩沼⾥奈)


ソーシャル・ビジネス関連公開イベント支援

「ソーシャルビジネスってなんだろう?」@Tsukuba(代表:⻄森千咲)


途上国ボランティア参加支援

カンボジアにおけるマングローブ植林活動(⽯原亜⾥沙)

報告書

カンボジアにおけるマングローブ植林活動(中野皐⽉)

報告書

基金によるその他の事業

・大学附属図書館図書購入支援
・基金主催の社会貢献に関連する学内公開イベント

問い合わせ先

筑波大学 事業開発推進室

〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1
Email:futureship#@#un.tsukuba.ac.jp(#@#を@に置き換えてください)
電話:029-853-2178
FAX:029-853-6576

開室時間:平日8:30-17:15
土・日・祝日および大学が定める休業日は閉室いたします。